タグ:セロー

 フロントフェンダーの交換続いて、サイレンサーの交換を行いました。

交換するマフラーはデルタのバレル4Sです。ワイズギア製や忠男製のサイレンサーと

悩みましたが、値段とルックスの好みからこちらを選択しました。エンデューロの

鈴木健二選手のセローにも採用されていましたね。

20180318_103906

まずはノーマルのサイレンサー取り外します。

20180318_103917
 
中央のエキパイ接続部の2本のボルトを外します。

20180318_103956

サイレンサー側の固定ボルト 計3本外します。ちなみにネジロック剤が塗布されています。

20180318_105316

取り外した純正サイレンサーずしりと重いです。四キロ強くらいありますかね。

20180318_105242

BlogPaint

エキパイとの接続部は真っ黒でした。

20180331_150916

純正のエキパイにとりつけるため新品のガスケットも用意しました。

BlogPaint

液状ガスケットも用意しました。耐熱温度300度のタイプです。

20180325_165951

ミドルパイプに液状ガスケットを塗りたくり装着します。

20180325_165510

サイレンサー本体を取り付けます。ロゴは剥がす方もおられるそうですが、

自分はこのロゴのデザインは気に入っています。


20180331_181728

全体を取り付け後、付属の2本のバネを付けます しかし下の方のバネが

ゆるゆるでその後サイレンサー等の接合位置を調整しましたがどうしても張らず

後日、下の方のバネは少し短いバネを別途購入して取り付けました。

20180325_165524

デルタバレル4Sは事前に調べたところ排気がウインカーに当たってしまう

ようなので、ウインカーの移設も行いました。

20180331_182452

ネットで同じサイレンサーを取り付けられている方々の知恵を参考にさせて

いただきリアキャリア後部のボルトにホームセンターで購入したL型ステーを共締めして、

そこにウインカーを設置しました。

20180331_182509

この位置なら大丈夫そうです。

20180331_182516

各部本締めして取り付け作業終了です。

20180331_181712

取り付け後、近所で少し試走してきました。体感ですが加速が少しよくなったのと

排気の抜けがよくなりアクセルを開けるのが楽しくなりました。あくまで私、個人の

主観なのであしからず・・・

20180331_182524

音に関しては、バレル4SはJMCA認証なので静かなのかなと思いましたが

実際は結構うるさいかな (想像していたより) 走りだすとあまり気にならないです。 

20180331_181742
 

 エンデューロレーサー 鈴木健二選手が乗る、カスタムされたセロー250がかっこよすぎて

勝手に影響されてしまい、自分の所有するセローも同じように少しでも似せたいと思い

外見上でもっとも特徴的だと思ったフロントフェンダーの交換を行いました。

まず交換するフロントフェンダーを調べたところ、ヤマハのランツァという車種のフェンダーを

使用しているとのことで・・・ 

20180223_202816

20180223_202855

早速、手に入れました。新品で¥6900ぐらいだったと思います。

20180224_100018

純正のフェンダーを取り外します。写真はありませんが分割式なので前後

それぞれ締め付けてあるボルトを外します。

20180224_101004

取り外した純正フェンダー、しばらくお役御免ということで・・・

20180224_111928

並べてみるとランツァのフェンダーはひとまわりサイズが大きい印象です。

20180224_112004

何故、ランツァのフェンダーが使用されるかというと取り付けボルトの穴の位置が

同じだからだそうです。これならほぼ無加工で取り付けることができ楽ですね。

20180224_112024

純正フェンダーのボルト穴に取り付けてあるカラーを取り外し

ランツァのフェンダーのボルト穴に同じように取り付けます。

20180224_112832


20180224_123507


とりあえず仮で取り付けてみました。

20180224_123517

結構、印象が変わった感じだと思います。しかしまだ取り付けに関して問題が二つあります

まずひとつがこの写真では分かり辛く申し訳ないですが、フェンダーの後ろ側がエンジン部分に接触

してしまいハンドルが切れなくなるということです。 純正は後ろ側がダウンフェンダーなので

それに合わせた設計でクリアランスがほぼないです。 (セローは空冷なので少しでも走行中に

エンジンに風を当てるためなのかと勝手に思いこんでます。)


20180224_123609
 
二つ目は写真中央のふたつの黒い突起がそのまま取り付けるには邪魔になります。

純正には突起を逃がすための穴がちゃんとあります。

同じ物を取り付けておられるネット上の先人の方々によれば突起を切断したり

上記のように純正と同じく突起を逃がす穴を作る方法が提唱されていました。

この突起はヘッドライトの部分を支えているようらしく接触すると光軸がずれるらしいです。

20180224_155719

結局一番無難そうな穴を開ける選択肢を選びました。

写真ではまだ穴は小さいですが後でもう少し拡張しました。

20180225_104847

フェンダーがエンジン部分に接触してしまう問題は後ろのボルト側に皿ワッシャー

を5ミリぐらい重ねて取り付け、クリアランスを無事確保しました。

20180225_104832

本取り付けしました。ヤマハのステッカーを貼り付け完了です。

20180225_104814

見た目オフロードバイク感が増し、よりワイルドな印象になった感じです。

実用的なのかはさておき、自己満足です。






 

パワーボックス本体を取り付けます。

20170211_163115
エキゾーストガスケットを新品に交換し何とか取り付けました。

20170211_163439
外したエキパイプロテクターを再び取り付けます。

20170211_163446
取り扱い説明書にエンジンとのクリアランスをしっかり確保すべしとのことなので

特にボックスとフィルターカバーとの接触は絶対にしないよう仮組みし動かしながら

位置を調整しましたが説明書では5ミリほど隙間ができるとのことでしたが・・・

20170211_163122
実際はまだ結構な余裕がありました。微妙な取り付け具合や個体差ですかね。

20170212_153319
フランジ取り付け部分 刻印してあるナンバーは1701でした。

20170212_153959
純正アンダーガードとの隙間です

20170212_154006
結構ギリギリですかね・・・

20170212_152826
エキパイとサイレンサーのジョイント部分 実はエキパイ側に液状ガスケットを

塗りすぎましてサイレンサー側に押し込む際、ガスケットがはみだしてしまいました。

仕方ないので少しだけふきとりあとはそのままにしてます。

ところでエキパイの差込具合はこれで良いのかは全く分かりませんが、各部分との

クリアランスを考えればこれで正しいと勝手に判断しました。

心配していた排気漏れ等もなんとか大丈夫でした。(今のところ・・・)


その後、実際に走ってみての感想 (あくまで無知な不器用者の体感ですが・・・)

・ まず始動時、ギアを一速にいれてからの発進がスムーズに感じました。

・ エンジンブレーキに関しては、若干マイルドになったかなと思う程度でした。

・ とにかくアクセルを開けるのが楽しくなりました。ストレスフリー (言葉では説明しずらいですが)

・ ノーマルのままではぎくしゃくしていたギアのつながりがよくなった?

・ ボックス内に排気が循環している時のチリチリという音も自分には心地よく感じます。

・ 排気音が多少、静かになった。

20170212_153306
走行後、きつね色になりつつあります。
  
 




 各方面のインプレでとても評判のよいと噂のSP忠男製のエキゾーストパイプを

購入しました。

20170205_125507
アマゾンで送料込み 1.7303円で購入(。・ω・)ノ゙

20170211_155204
 ステンレスの質感がとても美しいです。 目玉はなんといっても製品名にも

あるように空き缶のような形状の膨張室?ですかねまさにボックスと化してます。

パイプとのジョイント部の溶接跡がたまりませんv( ̄∇ ̄)v

ピカピカで取り付けるのがもったいなくなりました。

こういった製品が量産できるのも改めてすごい事だと感じました。


20170211_155237
サイレンサーとの取り付部は純正より径が太くここの部分のガスケットは

要らないそうです。 (付属の説明書にも記載してありました。)

20170211_151007
 取り付ける際に必要な消耗品も同時購入しました。

・エンジンとエキパイのジョイント部に使用するガスケット(つぶれて用を成すタイプ?)

・サイレンサージョイント部に使用する液状ガスケット(通常の固体のガスケットが使用不可だから)

*液状ガスケットは別に使用しなくても大丈夫との意見もあるようです。


20170211_151133
 おそらくサイレンサーも一旦取り外すので 2箇所のサイレンサー固定ボルト

にはねじロック剤が塗布されているようなので取り付け時再度、塗布することにします。


取り付け前にオイル交換もしました。ちょうどいいタイミングだったので

20170211_124304
ワイズギア製のアルミアンダーガードを取り外します。

20170211_124231
 排出したオイル あまりドス黒くなかったです。若干、水と分離した感じが

しました・・・寒い気候のせい?

20170211_125854
オイル交換2回に1度の割合でフィルターも換えてます。

20170211_133258
 使用オイルはヤマハ純正スタンダードをば

20170211_140644
 オイル交換作業終了後、再度アンダーガードを取り付けます。

付けている方は分かると思いますがこれが地味にめんどうです。


いよいよ本題のエキパイ交換作業開始です。

付属の説明書に手順が分かりやすく書いてあるのでその通りに進めて

行けば大丈夫だと思います。

20170211_141025
まずはエキパイのプロテクターから外していきます。結構かたいので

ねじ穴を舐めないように注意しながら外しました。

20170211_140828
 フランジ固定ナットを外します若干の固着感はありましたが、問題なく

取り外せました。 ナットは再利用するのでパーツクリーナーで汚れをとりました。

写真はありませんが続いてサイレンサー とエキパイのジョイント部の

バンドをゆるめておきます。

20170213_193932
取り外した、純正エキパイ すすぼけてます。

20170213_193937
フランジ付近にサビが多いです。スチール製の耐熱コーティングなので

これは仕方ありませんね。

20170211_142741
外したフランジ側のガスケット サビが少々

ガスケットはエキパイ側に付いてなかったのでサイレンサーボディも取り外さ

なければいけませんでした。

20170211_143818
 サイレンサーボディを取り外す為、シートと手前のサイドカバーを剥きます。

20170211_145351
ガスケットが張り付いてました・・・

20170211_145612
マイナスドライバーで剥がしながらこじり取ります。 スチールウール?のような

金属の繊維がボロボロとなりました。

20170211_150402
取り除いたガスケット原型がありません・・・

その2に続く



 

↑このページのトップヘ